Guildの「研究開発業務2021_プロジェクト学習(旧:ikusei)」係数について
📣

Guildの「研究開発業務2021_プロジェクト学習(旧:ikusei)」係数について

💁🏻

ZACマニュアル・コードの付け方 にあるようにGuildの案件「ikusei(育成委員会)」について、ZACコードは「研究開発業務2021_プロジェクト学習」となります

Guildの「研究開発業務2021_プロジェクト学習(旧:ikusei)」係数の考え方

標準的なプロフェッショナルの1人月のアウトカム(成果)に対して、何らかの理由で下回る場合の調整係数とする

  • なお、研修、受け入れを行う場合は、研究開発業務2021_研修を使うこと

プロジェクト学習の付け方

  • プロフェッショナルと比較して、0.7人月相当のアウトカムしか出せない場合、「0.3」として係数を定義する

アウトカムが下回る想定

  • 職位がアソシエイトの人(特に入社1年目の新卒)
  • 中途の初月の入社(中途メンバーでも、入社月から100%のパフォーマンスを出すことは難しいため)
  • 中途であってもジョブチェンジや新しい未経験技術を学ぶ場合

プロジェクト学習割当ての目安

  • 中途メンバー
    • 最初の3ヶ月 は実態に合わせてつける、1ヶ月目は目安として「0.5」とする
  • 新卒メンバー
    • 入社後 12ヶ月は、割当を実態に合わせてつける
      • 入社前に内定承諾アルバイトをしている人の目安として、1年間で3.5人月のプロジェクト学習を想定

備考

  • Guild上のリソースアサイン方法として、アソシエイトの場合は1人月がアサインされても、リソースアサイン上は0.8人月に換算するという方式もあるが、複雑になる可能性があるので、現在は上記のようにプロジェクト学習コードを使いながら実態を表す方式を採用する。
  • PMがGuildにリソース計画を入力する時も、アソシエイトが稼働する前提ではなく、プロフェッショナルあるいはリーダーの職位の人が稼働する前提で人月を計画している