Guildで利用可能な案件一覧

Title内容
研究開発
研究開発プロジェクト計画のリソース計画に基づいて記載してください10%ルールの中でも、研究開発として事後でアウトプットをする活動の場合はこの名前を使ってください
jinji
カジュアル面談、採用業務、コーディングチェックなどで1ヶ月の稼働が16時間以上を占める人の場合
テックリード業務
将来起こる不足の事態に備えてリソース計画上、全体バッファとして必要な為、リードチームに限定して利用してください
研究開発業務2021_研修(旧ikusei
オンボーディング、新人オリエン、社内研修などの受講 育成稼働についてはの記載方法は 参考)ZACコード報告ガイドライン ver0.9
研究開発業務2021_プロジェクト学習(旧ikusei/overhead)
案件参加で必要となる学習工数 新卒や中途新人がプロフェッショナル1人月のパフォーマンスと比較した場合に不足する場合の調整工数 案件のスイッチングコスト
委員会活動_2021(旧ASDI委員会)
オンボーディング実施、オリエン実施、研修など教える側の稼働含む 稼働が空いた場合に行う、チームのカイゼン活動や、予めまとまった工数が必要な委員会のチケットを実施する事が決まっている場合は、本案件にリソースを割り当ててください。グループ全体最適のために必要な冗長化、設計見直し、大幅なリファクタリング・リデザイン、経験学習が必要な職種の育成投資(例:リードエンジニア、リードクリエーター、アーキテクト、PMなどがあるが、それに限らない)など、目安として1人月を超える工数の稼働は委員会へのプロリクで決定をする(ZACコードもASDI委員会でつける)
休暇
長期休暇などで10%以上、アウトカムが控除される場合は、休暇の項目としてリソース計画を記入しておいて正確な出来高が可視化されるようにしてください
overhead(廃止)→ 研究開発業務2021_プロジェクト学習でつける
他案件支援として0.2など残り稼働で支援する場合・案件理解工数・マルチプロジェクトのスイッチングコスト工数などオーバーヘッドとして付随する間接工数が発生しているikuseiと同様の考え方でプロジェクト稼働ではなく「overhead」という調整工数としてGuildをつける事を可能とする(必要に応じて)実績については、ZACにおける「project_learning」など、プロジェクト毎の間接作業の売上項目につける