Slackの投稿制限
🎟️

Slackの投稿制限

ステータス2020/7/1 標準の策定

方針

死や事故を連想させるようなニュースにおいて、敢えてそこから学びや、なすべき悲しみを行う必要がない場合に、その情報は制限され、投稿された場合は削除される

背景死や事故を連想させるニュースが投稿される場合がある科学的に必ずしも確定している訳ではないが、ウェルテル効果などのリスクがある敢えて共有する必要があれば別だが、安易に投稿されているケースもある一方で身近な人に関する日常的な噂話と言うのは、人がそこから自分たちの身に降りかかるかもしれない禍にどう対応するかのナレッジ共有の営みでもあり完全に否定はできない

目的社内の生産性低下を防ぐ為

備考科学的な調査の結果、生産性低下に影響ないと判断された場合は取り下げる例えば、志村けんさんの事故などは身近に捉えられた例であり投稿を削除はされない。一方で、それ以降否定的な感情がSNSで増加したと言う報告もあり、投稿を削除はされないものの、その情報の受け取り方や、その後の精神的なケア、シャドーを自分が投影しないような注意が期待された事象である。