レップ会の定義
🦊

レップ会の定義

変更履歴

  • 2021/04/07 旧リソース調整会議から名称変更、目的をリソース調整ではなくしました

背景

  • 旧リソース調整会議のこと
  • グループが協調していく為には定期的なチームの同期が必要

目的

  • テキストで共有しきれない、程度感、温度感、危機感、困ってる感、重要度などを、関係者が集まって同期させるため

会議標準

  • 会議設計は、目的に沿って各グループのレップがプロリクで決めます
  • レップは必須参加とします
    • レップが参加できない場合は、代理が参加する事

会議設計の例

  • リソース調整に関わる事項の共有
    • 入退社・入場・退場の情報
    • チームの異動情報
    • 人が足りない危機感共有
    • 新規の案件・プロジェクトの情報
  • リスク共有
    • 特にリソース調整の可能性に発展しうるリスク事項
  • 定期的な検査
    • ローテーションの必要性の有無
    • 本人の異動の希望の有無
  • 週1回、あるいは隔週など適切な開催頻度で開催します

備考

  • グループの人数が少ないうちは実施する必要はなく、3チーム以上になるタイミングで開催を検討します
  • グループが2つなど大きい職能組織については、レップ会議は2つに分けて行われることもあります
  • ZACコードは「間接業務2021_会議」につけてください