OSS・技術コミュニティ活動支援キャンペーン(2022)
🏅

OSS・技術コミュニティ活動支援キャンペーン(2022)

背景

  • ゆめみは各種OSSによる恩恵を受けている
    • OSSの一部はボランタリーな活動で成り立っており、会社として応援したい
    • 社内におけるOSS活動をより活発にしたい
  • エンジニア人数も増えており、技術コミュニティに貢献、還元していきたい
    • 結果として、外部エンジニアとの関係性構築、採用にも繋がると想定

内容

  • OSSに貢献する人に対して応援を行い活動が継続できるようにする

対象

  • 社員、アルバイト(内定者アルバイト含む)

応援金

  • 貢献段階に応じて金一封

貢献段階

ゴールド

  • 開発者コミュニティのOSS活動において、核となる実績、貢献を果たしている
  • 自身の開発したソフトウェアをOSS化した結果、開発者に多大な貢献をしている
  • 重要な技術コミュニティに多大な貢献をしている(運営、カンファレンス開催支援)

シルバー

  • OSS活動において、開発者コミュニティに認められる程度の実績、貢献を果たしている
  • 自身の開発したソフトウェアをOSS化した結果、開発者に一定の貢献をしている
  • 技術コミュニティに一定の貢献をしている(運営、カンファレンス開催支援)

ブロンズ

  • OSS活動について、開発者コミュニティに一定の貢献を果たしている
  • 自身で開発したソフトウェアをOSS化した
  • 技術コミュニティに貢献をしていた(運営、カンファレンス開催支援)

※目安として活動時間として10時間以上行っている

エントリー

  • 何かしらのOSS活動を初めて行った
  • 何かしらの技術コミュニティへの貢献を行った

備考

  • 活動内容が様々、複数ある場合は、それらをまとめた上で、全ての貢献度合いを足し合わせた内容として貢献段階を自己評価してください
  • ブロンズが複数で合わせて「シルバー」などという「えいや」での自己評価をお願いします

プロリク・申請方法

プロリク

#920_tech_oss_devrel_wg チャンネルで @tech_oss_wg 宛にプロリクを出す

申請方法

レビューをもらった後、自己評価で貢献段階を示してプロリクを行う

  • その後、X-point「人事稟議」で申請を行う、その際にも貢献段階を記載すること
  • image

活動対象期間

2021/11/1-2022/10/31

申請期限

2022/10/31

支給日

2022/12/15