Slackマスター

星取表 <できる>
• 無闇に@hereや@channelを使わないでユーザーグループをメンションとして使う配慮ができている • チャンネルを優先順位など何かしらの基準によってセクション毎に分けている
星取表 <教えられる>
• Slack疲れや、Slackが気になって集中が途切れない工夫を何かしている(Ctrl+Q, ⌘+Qで強制終了する、通知設定、未読を見るタイミング) • 仕方がない場合をのぞき、SlackのDMを使わないようにしている • Slackで相手からDMで呼び掛けられた場合、DMである必要がない場合は、適切なパブリックチャンネルでやりとりを続けるように促す事ができている
星取表 <要フォロー>
なし
番号
9