徹底的な透明性(Radical Transparency)
👁️

徹底的な透明性(Radical Transparency)

背景

背景説明
  • 外部の状況に適応して振舞うには、可能な限り情報をオープンにする必要がある
  • 全員CEOとしてあらゆる人があらゆる意思決定を最適に行うには、経営情報もオープンにする必要がある
  • ゆめみではOJTチャンネルガイドラインにあるように感情なども可視化していくということを重要視してきた
  • 世界最大のヘッジファンドであるブリッヂウォーターでは、Radical Transparencyを打ち出している(2020/6/15追記)
    • Googleも同様の方針である
    • 両社においては、単にあらゆる情報にアクセスできるだけでなく、対立があった際は直接お互いに意見を言い合ったり、相手に対して厳しいフィードバックも行うことを意味する
  • 先進的な企業のやり方をリスペクトする形で、Radical Transparencyという名称を踏襲する
  • 一方で、ゆめみにおける重要性については、真実をもオープンにする点であり、そこを具体的に明示した
  • 将来的に、動画で会議の内容を記録する可能性を記載
  • 取締役会で本方針は決議されている

ガイドライン

  • 3つのオープン
    • あらゆる情報(事実・現実・真実)を顧客にもオープンにする
    • 情報の記録を徹底する
    • 情報はオープンにするだけでなく透過させる
  • ゆめみでの情報とは以下を意味します
    • 事実・現実・真実
      • 事実とは誰が見ても変わらない客観的な事柄を指す
      • 現実とは、事実に対して、理想とのギャップや理想に対しての実現の困難性などの主観的な評価や、実際に対応できる範囲の方法論など主観的な意見・解釈を指す
      • 真実とは、そのギャップに対してどう感じるか、あるいは理想に対しての主観的な考え、個人的な価値観・その時々の(否定的含めた)感情を指す

⑴ あらゆる情報を(顧客に対しても)オープンにします

  • 事実については、誰か見ても客観的なものだが、現実や真実といったものは主観的であるため、事実・現実・真実を含めた情報をオープンにして対話に繋げていくことが大切である
  • そして、あらゆる情報は顧客にもオープンにします
    • 悪い情報についても、Bad News Fastとして、顧客にもオープンにします
    • ビルオフィスについては、ノードアポリシーでコミュニケーションをオープンにします
    • 現実だけでなく真実についても、まず自ら顧客に自己開示して、関係性を気づきます
  • 社内のナレッジも可能な限り社外にオープンにした上で、ナレッジ共有や業界貢献を行います

⑵ 情報の記録を徹底する

  • あらゆる会議で議事録を必ずとるようにします
  • 社内の定例会議は動画で記録をとることが会議標準になっています
    • 例えば、経営会議・取締役会は動画で記録され社内にオープンにされていますが、社外に対しても一部会議はYouTubeLiveで公開されています
  • そして、会議の場での事実だけでなく、現実や真実などもオープンにして記録します

⑶ 情報を透過させる

  • 単に情報はオープンにしておいて、見てくださいとするだけでは不十分なことがあります
  • つまり、情報はPULL(本人が取りに行く)だけではなく、PUSH(必要な情報を必要なタイミングで必要な分だけ配信する)が必要です
  • 相手が必要な情報を必要なタイミングで相手の場まで出向いて伝えていく透過性が大切です
    • 伝えたい場合や相談したい場合などは、相手先チームの定例会議などに出向いていくという行動が大切となります
    • 社内の定例会議における定例議題としている「モヤモヤ傾聴」などもその一つであり、直接的に情報(この場合は、真実)を伝えることが大切です
  • レップ会などでの共有事項もテキストでは伝わらない真実を透過して伝える意義があります
  • 総務が定期的に行う #000_announce_all チャンネルでの周知事項のリマインドもPUSHの考え方に基づいて行っています

参考情報

運用における注意点

  • あらゆる情報をオープンにする場合でも、以下の情報は除きます
    • 個人情報
    • 顧客企業が特定のメンバーにだけ共有するものとして指定する機密情報
    • セレスに関連して、インサイダー取引にあたるとして情報開示の制限が必要な情報
    • その他、会社が指定する情報
  • メンバーの給与情報も個人情報の一つとして共有はしません
    • 但し、給与制度にあるように給与レンジ及び600万以下の給与額は社内に公開されます
  • Slackは可能な限りパブリックチャネルで運用します
  • 機密性が高い内容は、実体データをGoogleDriveやConfluence/JIRAに保存することで、Slack内でのやりとりのオープン性を保ちます
  • 顧客についての情報をカフェなどのパブリックスペースでも話がしやすいように、顧客から指定がなくても顧客名に対して別名をつけます(例:洋服屋さんなど)
  • 顧客から指定があった特殊なプロジェクトについては、コード名で呼びます(例:Store)

社外にも公開されいている情報

ゆめみ の問題点・課題点(リアリスティック・ジョブ・プレビュー)

⛩️
ゆめみオープン・ハンドブック(情報ポータル)
🏡

ゆめみの社内情報ポータルの情報は社外にも公開されています