飲食の明細化_経費精算DB
🍔

飲食の明細化_経費精算DB

Tags
経費精算DB
💡

飲食には軽減税率というものが国の制度が適用されていて 領収書に8%と10%が混合している場合があります その場合、経費タイプを分ける必要があるので明細化機能を使うと楽に申請可能 飲食であっても8%だけの領収明細、もしくは10%だけの領収明細の場合は明細化は不要です。

目次

・・・■その他レアケース

・・・■FAQ

■8%と10%の見分け方

  • uberの場合(左側)※出前館などもこちら
    • 小計(黄)・・・¥1,260(8%)
    • サービス料と配達手数料(緑)・・・¥126と¥350(10%)
image

  • コンビニの場合(右側)
    • ※スーパーなどもこちら

    • 基本的に記載があるのでそちらに沿えばOK
image

■明細化方法(基礎手順)

image
💡

パターン1 総額:¥1,386 ¥1,260(小計)・・8%

¥126(サービス料・配達料)・・10% 内訳 ———————————————— ¥476(サービス料・配達料)

▲¥350(割引)・・10%優先相殺

  • 新しい経費タイプから追加、必要箇所の入力(総額)明細化(右下)をクリック
image

  • 経費タイプのみ入力できる画面になるので、そこで8%を選択すると入力可能画面に自動で移行され必要箇所を8%分(今回だと¥1,260)の金額を入力し保存
image
image

  • 10%も同様に行う
image

■割引分に関して(推奨)

経理側修正が必要になるため、-分はconcurへは反映させないでください。

よって今回のパターンにある割引¥350は10%分から優先的に差し引いた額を申請してください

■その他レアケース

総額が¥1,620以上で8%分が¥1,620未満の場合
総額が¥1,620以上で8%分が¥1,620以上の場合

■FAQ

Q、配達員へのチップは経費に含まれますか?

Q、申請しない商品も1度に購入した場合、どのように登録すれば良いですか?

Q、レジ袋などの包装費については、申請できますか?

Q、「領収書を紛失」、「領収書が発行されない」、「領収書を貰い忘れた場合」、どのように申請すれば良いですか?

Q、上限金額以上の購入をした場合に、上限分までを申請することはできますか?

Q、レシートではなく、領収書の場合でも申請可能ですか?

Q、ポイントを使って購入した場合の申請金額はどうなりますか?

Q、明細化せず、経費タイプふたつ使った場合は差し戻されますか?