飲食の経費精算時は細かく分けて申請(申請は税込みで)
🍔

飲食の経費精算時は細かく分けて申請(申請は税込みで)

✋🏿その前に・・・申請上限補足と経費タイプ補足(忘れずに)

ぱくスタ

・・申請上限¥1620、経費タイプ「接待交際/会議5千円未満8% or 10%

ウェルカムランチ

・・申請上限¥1620、経費タイプ「飲食費(ミニレク・ウェルカムランチ)8% or 10%

ミニレク

・・申請上限¥5400、経費タイプ「飲食費(ミニレク・ウェルカムランチ)8% or 10%

👐🏽更にその前に・・・軽減税率8%10%を簡単に(下記参考)

image

イメージ例)

ミニレク開催しUber Eatsで総額¥1085使用した場合(1枚の領収書に8%10%がっちゃ)
image

この領収書の場合・・・(画像参照)

  1. ¥850 ⇒ 経費タイプ「飲食費(ミニレク・ウェルカムランチ)8%」で申請
  2. ¥235 ⇒ 経費タイプ「飲食費(ミニレク・ウェルカムランチ)10%」で申請

合計¥1085になるようにする ※各上限注意

8%と10%が混在した場合の申請方法は2種類

方法その1)「明細化を使う」←8%10%細かく申請する時に

concur明細化の手順

※明細化を使用すればプロリクも領収書添付も1度のみでOK

方法その2)「明細化をしない」←ちょっとめんどうですよ。

※ふたつの経費タイプ(8%と10%それぞれ作って)分けてください。

※添付する領収書とプロリクURLは2つとも同じものを添付してください。

【留意点】

飲食制度には各上限があるので超過分は精算不可。

※コンビニやスーパーの袋は10%にふくまれるので注意

※送料や配達料は主に10%

※ぱくスタ経費タイプは飲食費ではなく「接待交際/会議費5千未満」の8%(あれば10%はさらに分ける)を使用

2021.04月分経費精算より実施お願いします。