出張・懇親会出張制度
🚆

出張・懇親会出張制度

変更履歴

2021/11/16:出張手順の2と3の順番を入れ替え 2021/11/26:FAQ追記

2021/12/16:申請フローや申請関連リリース

2021/2/28 :通勤交通費の上限を20万円/月にするプロリクをリリース

適用

  • プロパー、アルバイト(内定承諾者も含む)
  • 育休中のメンバーは対象外

出張の種類

  • 片道 50km以上を原則出張とみなす
  • 片道150kmを超えない出張は原則日帰り出張

出張の手順(2021/12/16~)※🆕

  1. 出張前に、プロリクとX-Point【出張申請 兼 出張確認書】の①箇所の入力し申請
  2. 交通費、宿泊代は各自手配
  3. 帰省後、出張前に申請した【出張申請 兼 出張確認書】を編集し②箇所に使用した金額など入力し本人の最終承認を本人報告とし完了
  4. ※普通電車などは入れなくてもよい

  5. concue精算時、必要箇所(領収書も添付)とプロリクとX-Point申請NO.を記載し実費精算

image
X-Point出張承認フロー定義(同一フォーマット)

出張の注意

  • 出張中は、通常の就業時間を勤務したものとみなし、時間外勤務の取扱いはしないので、ZACは10:00-19:00休憩60分 でつける(下記、懇親会・拠点間移動の出張を除く

懇親会出張 (JIKKEN)

将来的に業務で連携するメンバー同士の懇親会を開催する事により、関係性の質向上の為の投資を行うための出張を指す(通常の出張は業務として必要な遠方移動であり区別する)

懇親会出張(JIKKEN)条件(2021・2022年度版)

  • 交通機関の利用や宿泊のルールは出張規程による
  • 年度の中で2回の利用が上限(通常の出張については上限なし)
    • 宿泊代金は1泊分のみ会社負担
      • 連泊の場合は2泊目以降自己負担
  • 日本国内限定
  • ワーケーション等の利用は対象外

背景

  • フルリモート勤務が標準になり、オフィスのある東京・京都近郊から引っ越す方が増えたが、遠方から勤務する場合は、通常の通勤として取り扱うことができる
  • また、プロジェクトで連携するメンバー、チームで連携するメンバー同士での対面での打ち合わせや、キックオフ会、達成会の参加を行い親密性を高めてチームビルディングを行うなど、業務で必要不可欠な目的で出張が伴う場合は、以前からの通り、通常の出張で対応可能となっている
  • 現時点では直接連携しないメンバー同士であっても、偶発的な出会いを機会として親密性を高めて、将来の業務連携時における連携性を高めるための投資を行うことで、チームビルディングが促進され心理的安全性がある関係性の質向上を図ることが可能と予想される(ただし、JIKKEN的な試みのため今後内容は改編される可能性がある)

FAQ

例えば、札幌本社勤務ですが、業務で東京ビルオフィスに行って対面での打ち合わせの参加が必要な場合はどのような扱いになりますでしょうか
プロジェクトのキックオフ会、顧客との達成会の参加の為に、遠方移動が必要な場合はどのような扱いになりますでしょうか
四国在住で、京都本社所属ですが、京都本社に週1日以上で勤務する場合はどのような扱いになりますでしょうか
懇親会について、本社のある地域に限定ということについて詳細を教えてください
  • ワーケーションとして私用での旅行も含めた場合の交通費は経費になりますか?
    • 会社経費にならず本人負担となります
案件メンバーが関東~関西にまたいでいるため懇親会出張の利用を検討しています。育休中のメンバーは対象外になりますか?
ゆめみがスポンサーをしているカンファレンス等に参加するための出張申請x-pointは誰に承認してもらえばいいですか?