新卒内定承諾アルバイト受入フロー
🎊

新卒内定承諾アルバイト受入フロー

ご担当頂く方へ

  • 基本方針として入社前に本人がアルバイトを希望する場合は、可能な限りアルバイトとして関わってもらいたいです。そのためなるべく受入を前向きに検討をお願いしております。
  • 有給の場合、時給が発生することなので無理に受け入れてということでもないです。
  • すぐの受入が難しい場合は、無給アルバイトとして受け入れたのち、追って有給アルバイトに切り替えていくという流れが望ましいです。

アルバイトの種類

  • 無給アルバイト
  • 有給アルバイト(独自課題)
  • 有給アルバイト(案件アサイン)

詳細はこちらで確認ください

アルバイト受入の流れ

  • 内定承諾→NDA締結→slack開通→各ojtにてアルバイト希望確認※1
    • (希望有の場合)→各職種チャネルにて受入確認→面談実施※2→稼働開始日決定
    • (希望無の場合)→アルバイト参加無しとして対応 (20••年/4/1入社となります)

※1この段階ではアルバイト可能と約束しているわけではなく、希望確認のみです

※2面談では、本人の能力レベル、稼働開始希望日、稼働時間(週どれくらい稼働希望か)をご確認ください

※3面談実施後、無給アルバイトでも受入不可の場合は総務から本人へご連絡させていただくので、受入不可の旨を総務に連絡ください

  • 受入可能の場合
    • アルバイトの種類稼働開始日稼働時間(週上限稼働時間)を総務に連絡
    • →総務側で入社対応→稼働開始(PCは稼働開始日前に受け取ってもらってます)

      フルリモートでの勤務になるため最短でも5営業日は準備期間が必要です。5営業日以降での稼働開始日を連絡してください

アルバイト受入後の注意点

  • 無給アルバイト→有給アルバイトへ切り替え
  • 有給アルバイト(独自課題)→有給アルバイト(案件アサイン)へ切り替え
  • 有給アルバイト→無給アルバイトへ切り替え

上記3つの変更がある場合、必ず事前に総務へご連絡をお願いします。

また、同月内での複数稼働や変更は不可です。

理由

  • 時給の発生や変更があるため、連絡を頂かない場合最初の契約状態のままになります。
  • 経理の都合上、同月内で時給が異なる稼働計算ができないため

例)

  • 5月20日まで独自課題、25日から案件稼働開始→不可
  • 5月中独自課題、6月から案件稼働開始→可
  • 火.木の週2稼働で火曜独自課題、木曜案件アサインの稼働→不可

  • 契約上、時間外労働が認められていません。残業代が出ないため稼働時間管理の徹底をお願い致します。
    • 一日8時間以上の稼働、土日や深夜早朝時間帯(5時~22時以外の時間帯)稼働はNGです。
  • zacコードに関しては基本的にikusei(育成委員会)になりますが、案件アサインの場合は受入側で適切なコードを付けていただくように指示をお願い致します。 参考)ZACコード・ガイドライン