購買プロリク(稟議)
🏢

購買プロリク(稟議)

2019/11/18:リファーラル目的の会食も本プロリクのフローに含むことを明示

2021/08/31:5万円未満・以上が単品価格であることを明示(参考:#001_help_general_総務のスレッド

プロジェクト予算に紐づかない購買には購買プロリクが必要です

①購買プロリク必要

接待交際費(リファーラル目的の会食含む)・出張交通費・研修費(勉強し放題制度利用)・ソフトウェア購入(SaaS、ライセンス利用)・物品購入・勉強し放題制度・フルリモし放題など全般的な購入

②購買プロリク不要

プロジェクト計画で予めレビューされている購買は除く(外部委託費用・AWS利用料など)

ミニレク・ウェルカムランチ等の懇親会費用

プロリク

image

単品価格が5万円(税抜)未満

  • STEP1
    • チームのSlackチャネルでプロリク

単品価格が5万円(税抜)以上(2段階プロリクが必要)

  • STEP1
    • チームのSlackチャネルでプロリクを行う
  • STEP2
    • 更に #001_help_purchase のSlackチャネルに「メッセージの共有」をして、purchaseチームにプロリクを行う

購買依頼

  • 以下の依頼が必要となるが、いずれも、プロリクを行なったSlack投稿のURLリンクを記載する事
    • 物品購入申請依頼(20万円未満の物品の場合)(X-point)
    • 稟議書(20万円以上の物品の場合)(xpoint)
    • 勉強し放題制度:個人で支払って経費精算する場合はConcurのコメント欄に該当プロリクURLを記入してください

備考

  • 月額契約などの購買は【月額費用×契約期間】の金額で判断する
  • 分割して購買するものでも一連の流れ、目的で購買する場合は、合計した金額で判断する

ルールの背景

  • 現行の職務権限規定に基づいた購買プロセスをプロリクでしっかりと実施するという事が背景にある
  • また、監査法人からの指摘として、物品購入申請や稟議書を記録で残す事が求められている

プロリク雛形

  • こちらに沿うこと。