ドーシージョブ・Engineer DASH運用方針
🛤️

ドーシージョブ・Engineer DASH運用方針

背景

  • 新卒採用を中心とした採用を進めている
  • 一方で、新卒がプロジェクトリード、テックリードに育つには3年〜5年がかかる
  • したがって、バランスとして、新卒が増える中で、プロジェクトリード、テックリードが不足する
  • 一方で、中途採用として、プロジェクトリード、テックリードを採用することは簡単ではない
  • したがって、業務委託として、プロジェクトリード、テックリードを通年で募集して採用したい
  • 準社員のような位置付け
  • これまでは、案件で人が足りない時に、スポットで募集をしていた
  • そのような案件単位ではなく、長期的に関わってもらえる人を募集したい

対象職種

  • Android
  • iOS
  • フロントエンド
    • Reactに習熟していること
  • サーバーサイド
    • Go, TypeScript、サーバーサイドKotlin、PHPに習熟していること

書類選考について

  • 明らかに経験不足の場合はキャスターさん側で「見送り」を行う

判断基準

  • エンジニア経験
    • 8年以上
  • 経験年数
    • 5年以上が必要
      • Kotlin, Swift, React, PHP
        • Swiftについては3年半以上であっても、Objective-Cの時代からiOS開発が5年以上あれば問題ない
        • SwiftUIの経験があればより歓迎
    • 4年以上が必要
      • Go、Typescript、サーバーサイドKotlin
  • 何かしらのリーダー、指導実績があること
  • PMなど上流経験があるとなお良い

見送りの理由記入について

  • スキル不足として、見送りを行う

運用について

  • ドーシージョブ、Engineer DASHで応募があった場合、判断基準に沿って、明らかにNGな場合に「見送り」を行う
  • 明らかにNGでない場合は、書類選考合格にする
  • その後、コーディング試験のご案内を管理画面から行う
  • ほとんどの場合は辞退になると思うので、数は少ないと予想されるコーディング試験の結果については、コーディング試験担当にレビューを依頼する
  • コーディング試験に通過した場合に、面接1回を行う

コーディング試験・ 面接担当

  • それぞれの職種におけるテックリード採用担当とする
  • 面接には、代表も参加する
    • 日程が合えば参加するが、動画で記録する形でも可とする

備考

  • Engineer DASHの場合、募集の動きが早くてコーディング試験を依頼した場合に、他社に決まったり、辞退が多い場合は、コーディング試験を後に回す
  • 今後、運用が安定化してくれば、doocyjob、Engineer DASH両方でのスカウトも検討する
  • Engineer DASHで中期的に関わってもらう人の採用が難しいと判断された場合は、スポットでの募集の用途に切り替える