技術標準(2022)
📱

技術標準(2022)

背景

  • CTO室も設置されて、CTO室で決まった内容について、明示的な技術方針について言語化をしておく

モバイルアプリ

KMM投資方針

  • KMMについては、10%ルールを拡張して20%ルールの対象とする
  • 2022年度中に少なくとも1件案件で導入する

マルチプラットフォーム・モバイルアプリエンジニア

  • モバイルアプリエンジニアは、Kotlin, Swift, Flutterの3つのうち2つの言語(フレームワーク)に習熟をした上で、マルチプラットフォーム・モバイルアプリエンジニアとしてのキャリアを築くことを、キャリア推奨のガイドラインとする

サーバーサイド

Rust投資方針

  • Rustについては10%ルールを拡張して、20%ルールの対象とする
  • 今後、Rustのコミュニティに参加、貢献していく
  • フルタイムRustコミッターの採用も検討する
  • サーバーサイドエンジニアのキャリアとして、特定のプログラミング言語に加えて、Rustに習熟していくことを会社として推奨していく
  • 2024年度には、Rustの会社と聞かれれば想起される日本の会社のうち3社のうち1社になることを目指す