パフォーマーラベリング(作成中)
🤹🏻‍♀️

パフォーマーラベリング(作成中)

背景

  • 各自の行動について、時にはエゴが発露したり、シャドーの投影をする事もある
  • 組織的なシャドーの統合においては、その行為をむしろ抑圧させることなく、笑いや組織受容として昇華させていきたい
  • その為には、シャドーの投影をしがちな特定の対象行動を日常的に意図的に発生させるカオスエンジニアリングを効果的に行なっていくアプローチがある
  • これをアート組織の文脈に中で効果的に行なっていきたい

設計方法

  • 特定の対象者の振る舞いについて、ラベリングを行い、観察者から見たときに、笑いや愛情を持って受容できるようにする
  • ラベリングされたパフォーマーは意図的に振る舞いやすくする

シャドーの誘発パターン

シャドーの誘発名パフォーマーシャドーの誘発要因説明
おふざけ
Ray Kataoka
真面目で規律ある行動を良しとしてきた人にとって、ふざけた態度がシャドーの投影対象となる

パフォーマンスラベリング

ラベリング名ラベリング
おちゃめ
「おふざけ」に対して「くだらない」「意味がない」「相手にしないほうがいい」と冷笑的に反応する人に対してラベリングを行う